八ヶ岳西麓暮らし街暮らし、たまにrun

八ヶ岳西麓と街をいったりきたりの備忘録ブログです。。。

八ヶ岳の気温は10度を下回りました

すっかり秋めいて来た森の家です。

この日の気温は10度を下回りました。

寒かった〜。

f:id:pinkumaaa:20180918091103j:image

 

ところどころに小さい秋が。

f:id:pinkumaaa:20180917121207j:image

f:id:pinkumaaa:20180917121214j:image

f:id:pinkumaaa:20180918085120j:image

f:id:pinkumaaa:20180918090314j:image

f:id:pinkumaaa:20180918090324j:image

(初ジゴボウは、ポン酢で)

 

 

夏休みから続く

夫のアウトドアクッキングブーム↓

夏休み2018〜八ヶ岳&街で捻挫 - 八ヶ岳西麓暮らし街暮らし、たまにrun

 

f:id:pinkumaaa:20180917121133j:image

f:id:pinkumaaa:20180917121137j:image

今もなお健在です。

 

 

原村、茅野市では、台風21号の影響で

32時間にわたる停電があったそうです。

冷凍庫の豚肉がいたんでいないかどうか

とにかく、食べてしまおうと

塩豚を作りました。

 

f:id:pinkumaaa:20180918085217j:image

(ここまではぴんくまの仕事)

f:id:pinkumaaa:20180918085226j:image

(焼けました〜!これは夫の仕事)

f:id:pinkumaaa:20180918085243j:image

(美味しかった。いたんでいませんでしたよ!)

 

 

台風といえば、

台風の猛威で白樺が倒れた!

f:id:pinkumaaa:20180918085837j:image

 

 

と、思ったら

なんと、人災でした。
f:id:pinkumaaa:20180918090035j:image

夫が、草刈機で半分くらい切込みを

入れた模様。。。

 

 

外脛骨と捻挫からのジョグ再開

ぴんくまには内くるぶしが2つある。

f:id:pinkumaaa:20180916072923j:image

普通だと思って生きて来た。

なぜ自分の靴は

ハンバーグみたいに横に広がってしまうのだろう…

と疑問に思うことはあったけどね。

 

ところが、普通ではなかった!

下のくるぶしと思っていた部分は「外脛骨」と言って

過剰骨(普通にはない余分な骨)の一つで、

日本人の約15%の人に存在するそうだ。

 

もちろん、右足にもあるが

捻挫をした左足の方があきらかに突出している。

そして、捻挫を契機に疼痛が出現する場合が

あるらしい。

 

そう、まさにそこが痛い。

 

 

捻挫から1ヶ月↓。

夏休み2018〜八ヶ岳&街で捻挫 - 八ヶ岳西麓暮らし街暮らし、たまにrun

 

4kmほど走ってみました。

着地した時の衝撃痛は

多少あるものの、思ったより痛みがなかった。

むしろ、走り終えて、休んだ後の方が

じわじわ痛みが増して来た。

 

ぐんまマラソンまであと1ヶ月半。

 

10km完走を目指して

少しずつ、練習しないとね。

出雲旅行⑤〜まとめ

まとめ

 

出雲大社には、神社に似つかわしく無い

キッチュでポップなうさぎの石像や、

神話にまつわるオブジェが多かった。

f:id:pinkumaaa:20180916075646p:image

出雲大社ホームページより)

 

出雲大社玉造温泉も神話に基づく

「うさぎ」と「パワーストーン」のお店だらけで

女子の心を鷲掴み。

ちなみに、ぴんくまもまんまと術中にはまり、

うさぎがパワーストーンを持っているという

王道の御守りを買ってしまった。。。

f:id:pinkumaaa:20180914124208j:image

 

玉造温泉の川沿いには、たくさんの

「神話の情景オブジェ」が飾られているのですが

お顔が全て、せんとくんに見えるのは

私だけでは無いはず。。。

f:id:pinkumaaa:20180914124401j:image

f:id:pinkumaaa:20180914124355j:image

f:id:pinkumaaa:20180914124358j:image

 

④「特急やくも」では、

「ドアは自動で開きます。

ドアから手をお離し下さい。」

と、自動で開く事をお知らせしなければならない。

 

⑤自称「晴れ女」を気取っていたぴんくまですが

今回の旅はずぅーーーっと、雨でした。

(たぶん初めて)

でも、神社で雨が降ると「禊の雨」と呼ばれ

悪いものを清めると言う考えもあるそうです。

まあ、ものは考えようと言う事で

良しとしましょう!

 

 

以上、出雲旅行記のまとめでした。

 

おしまい

出雲旅行④〜松江から玉造温泉

前日に引き続き、本日も雨模様。

一畑電車で、松江しんじ湖温泉駅へ向かう。

 

f:id:pinkumaaa:20180913235002j:image

宍道湖を眺めながらのんびり電車旅)

f:id:pinkumaaa:20180913234946j:image

(国宝松江城

f:id:pinkumaaa:20180913234935j:image

(堀川めぐり)

f:id:pinkumaaa:20180913234929j:image

武家屋敷の通りには小泉八雲旧居)

f:id:pinkumaaa:20180913235000j:image

(八雲庵でランチ)

f:id:pinkumaaa:20180913234940j:image

(鴨うどん)

f:id:pinkumaaa:20180913234926j:image

(冷やしえび天うどん)

f:id:pinkumaaa:20180913234932j:image

(JRで玉造温泉へ)

f:id:pinkumaaa:20180913234943j:image

(キラキラ橋)

f:id:pinkumaaa:20180913234949j:image

(玉造アートボックスのカフェ)

f:id:pinkumaaa:20180913235005j:image

(玉造神社)

f:id:pinkumaaa:20180913234951j:image

(「叶い石」一応女子が喜びそうな参拝もしてみよう)

f:id:pinkumaaa:20180913234955j:image

(先程の「叶い石」をこちらの「願い石」に触れさせてお願いする)

f:id:pinkumaaa:20180913234937j:image

(願い事を記入した「願い札」の控えと叶い石を付属の御守り袋に入れて、自分だけの御守りが完成)

 

 

さあ、女子的な参拝はこのへんで

本日のお宿に向かいましょう。

 

本日のお宿は、

星野リゾート 界 出雲』です。

お宿のレポートは、別カテゴリーで。

 

 

 

旅行記最後は、まとめです。

 

(つづく)

出雲旅行③〜出雲詣で

出雲市駅到着後、

駅側の本日のお宿、「ドーミーイン出雲」に

荷物を預ける。

 

その後、一畑電車出雲大社前駅を目指す。

数年?十数年?数十年?ぶりに

駅員さんに切符にハサミを入れてもらう。

f:id:pinkumaaa:20180912184835j:image

(若人諸君わかるかな〜?ハサミの事が)

f:id:pinkumaaa:20180912134449j:image

(2両の一畑電車

f:id:pinkumaaa:20180912134443j:image

(おおー、車内にしまねっこが!)

f:id:pinkumaaa:20180912134446j:image

(乗換えの駅で反対車線からしまねっこ号が来たー!)

f:id:pinkumaaa:20180912135222j:image

(ここで、ランチ)

f:id:pinkumaaa:20180912135230j:image

出雲そば、「三宝割子」)

f:id:pinkumaaa:20180912135214j:image

(夫は五宝割子) 

f:id:pinkumaaa:20180912135220j:image

スターバックス出雲大社店)

f:id:pinkumaaa:20180912135228j:image

(店内も素敵なスタバ)

f:id:pinkumaaa:20180912135236j:image

(雨の中出雲大社へ)

f:id:pinkumaaa:20180912135211j:image

(鳥居をくぐる)
f:id:pinkumaaa:20180912135225j:image

(おおー、これが有名なしめ縄か…。以外にしょぼい)

 

 

夫が、こっちも敷地だと言うので

進んでみると、本物の「大しめ縄」があった。

 

f:id:pinkumaaa:20180913074927j:image

 

ああ、危うくこの有名な大しめ縄を見ずに

出雲大社のしめ縄は大した事なかったよと

後世に伝えるところだったよ。

 

その後、2kmほど歩いて、

島根ワイナリーへ。

f:id:pinkumaaa:20180912135217j:image

アルコールの抜けたワインの試飲を

さんざんした後、出雲市駅に戻り、

ホテルにチェックインした後

すぐ裏の『神門』へ。

完全分煙でタバコの煙に。触れる事なく

美味しい夕食を頂きました。

f:id:pinkumaaa:20180912193439j:image

f:id:pinkumaaa:20180912193442j:image

f:id:pinkumaaa:20180913234522j:image

f:id:pinkumaaa:20180913234527j:image

f:id:pinkumaaa:20180913234524j:image

 

 

さて、明日は松江と玉造温泉へ。

 

(つづく)

出雲旅行②〜憧れの「サンライズ出雲」

仕事を終え、

帰宅して夕食をとり、シャワーを浴びて、

家を出る。

 

もう寝るだけだからと

すっぴんで東京駅を目指す。

 

 

22:00。

定期運行する唯一の寝台列車

サンライズ出雲」、出発です。

 

f:id:pinkumaaa:20180908221200j:image

サンライズ出雲

f:id:pinkumaaa:20180912093004j:image

(車内の廊下)

f:id:pinkumaaa:20180908221423j:image

サンライズツイン。結構広い。高さも充分)

 

 

ワクワクしながら、ハイボールで乾杯し

車窓の景色を楽しむ。

 

基本早寝早起きのぴんくまは、

熱海駅を過ぎる頃には眠りにつく。

 

しらじらと夜が明ける中目覚め、

しばしラウンジで、過ごす。

f:id:pinkumaaa:20180912131138j:image

 

06:27、岡山駅到着前から

車内アナウンスが再開。

f:id:pinkumaaa:20180912093801j:image

岡山駅サンライズ瀬戸との切り離し)

 

 

岡山駅以降は、観光案内も含め

各停車駅の説明や、分水嶺の谷田峠トンネルの

案内など、アナウンスが続く。

 

f:id:pinkumaaa:20180912133115j:image

宍道湖が見えてきたら、もうすぐ終点です)

 

定刻より5分程遅れて

終点出雲市駅に到着。

 

11時間58分の旅でした。

 

(つづく)

出雲旅行①〜プロローグ〜「サンライズ出雲」に乗りたい!

寝台列車と言えば、

そうあの青春の思い出。

ああ、20代だから、青春とも言えないか。。。

 

あれは大学を卒業し

関東圏の地元に戻り就職して間もない頃

高校からの友人Mちゃんの、彼(公務員)が

何らかの家の事情があって

地元、函館に帰ってしまった。

その彼に会いに、、、と言うか

それも兼ねてMちゃんと二人で

函館旅行を企画した。

 

断じて言うが、友人をだしにした

ぴんくまの話ではない。ホントに友人の話。

 

その時に乗ったのが、

当時ブルートレインと話題の

北斗星』だった。

 

貧乏旅行だから二段ベッドのシートだった。

近くのシートの女性と、仲良くなったり、

緊張とガタガタという音で

なかなか寝付けなかったのも、

今となってはいい思い出だ。

f:id:pinkumaaa:20180902064052j:image

Wikipediaより)

 

えっ?

その後、友人はどうなったかって?

確か、その時は彼に会えたけど

色々あって、ご縁はなかったよ。

 

 

寝台列車って、なんかウキウキするよ。

この狭い日本でこのご時世、

東京からなら南は九州博多、北は北海道函館まで

新幹線で5時間程度で行くことができるのだから、

寝台列車って、ちょーーーー貴重だよ!!!

 

そう、そんな訳で

いつか、いつか、

サンライズ出雲」に乗りたい、と言う夢を

「今年こそ!」とばかりに計画を立てた。

 

とは言うものの、数ヶ月も前に計画を立てても

気が変わってキャンセルする事もしばしば。

軽い気持ちで、日程を絞って宿を探す。

 

あー、これこれ

大好きな星野グループの「界 出雲」。

出来たんだよなぁ。

まあ、キャンセルしもいいから予約しておこうっと。

よし、予約完了。

 

えーと、キャンセル料の発生は

1ヶ月前くらいかな?

その頃には、予定もはっきりするでしょ…と、

よく、よく、よく、よーく

キャンセルポリシーを読んで見ると

なんと、早割のため、

予約時点からキャンセル料が発生すると

書いてある。

待って、待って、待ってーーー!!!

 

いや、待ってくれるはずも無く

時すでに遅し…。

 

意地でも、キャンセル料を払いたくないぴんくまは

意地でも、出雲旅行を決行することにした。

 

まずは、夫に決意表明をし、仕事の調整をし

周囲を固める。

そして、最も重要なのは、サンライズ出雲

チケットを取得すること!

 

第1希望はサンライズツイン、

第2希望はシングルツイン、

それでもダメなら、シングル、ソロ

最終的には、ノビノビ座席でも良いから

とにかく、絶対に出雲へ行く。

意地でも行く。

 

発売日は乗車日1ヶ月前の10時。

その日は奇しくも夏休み中で

森の家ですごしていたので

最寄の富士見駅で購入する事となった。

 

前もって、富士見駅のおじさんには、

サンライズ出雲の切符を買うことが出来るか

確認しておいた。

 

さて、当日。

発売時間の10時より15分ほど前、

窓口のお客さんがいなくなったのを見計らって

富士見駅のおじさんに乗車券申込書を渡す。

自由記入欄に、希望のシートを記入してね。

 

おじさんは、自分の腕時計を見ながら

ちょうど10時にポンとキーボードを叩いてくれて

無事、第1希望のサンライズツインを

購入する事が出来た!

f:id:pinkumaaa:20180815121331p:image

 

やったー!!!

ありがとうございます。

おじさんの、もとい駅員さんのおかげです。

 

さあさあ、計画を立てなければ。

楽しみだ〜!

 

ただ、ここに来て

3週間前に捻挫した足がまだ治らない。

家の中でウロウロしているだけなら

治ったような気がしているものの

1kmくらい歩くと痛くなる。

旅runしようと思っていたが無理かも。

 

 

ああ、年寄りは治りが悪い。。。

八ヶ岳は秋の足音が聴こえました

今日は、関東でもググッと涼しくなりましたね〜。

 

先週の森の家では

一足早く秋の花が花盛り。

f:id:pinkumaaa:20180902060335j:image

ノコンギク

f:id:pinkumaaa:20180902060416j:image

(萩)

f:id:pinkumaaa:20180902060425j:image

(ワレモコウ)

 

次に、山の家へ行けるのは、

9月の中旬になってしまうので

もう、暖房が必要かもね。

 

森の夏は本当に短いです。

 

そうそう、そろそろ我が家も

外壁の塗り直しの時期になりました。

 

今まで、家の軒下に並べて置いてあった薪を

夫が、外壁から離したところに移動させました。

 

さあ、雪が降る前には

全て、割り終えて積み上げなければ。

f:id:pinkumaaa:20180902060421j:image

 

夫が薪を割る横で、ぴんくまは、

焚き付け用の小枝を拾います。

冬支度も楽しいものです。