読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森暮らし街暮らし、ときどきrun

おもに八ヶ岳で暮らしています。最近ランニングを始めました。走ると気持ち悪くなる根性なしです。

『無敵』

美(ぶ)ジョガー便り

ランニングシューズ、

オーバープロネーションのぴんくまは

asicsのGEL-KAYANOを履いています。

 

我が夫は、アンダープロネーション気味の

ニュートラルなのでGEL-QUANTUM 360です。

 

でもね、もともと夫は、

ランニングシューズの謳い文句、

「科学」だの「高機能」に懐疑的で

人間、もとい動物本来の機能で走るべきだと、

マラソンも可能ならば裸足で、

無理ならばサンダルや地下足袋で地面を感じながら

走りたいと常々言っていたんですよ。

 

そんな夫が、7月頃に

池井戸潤著の『陸王』と言う小説に出会い

痛く感動し、これだ!!!と、

散々私に内容を説明する訳なんです。

 

えーと、内容は確か

老舗足袋業者の主人公が

足袋屋のノウハウを生かして、ランニングシューズを作りランニング業界に殴り込みをかける。

と、言うもの。

 

ところが、つい先日

「マラソン」のキーワードで

ブルーレイレコーダーに自動録画されていた番組が

なんと、『陸王』そのものだった!

 

老舗足袋業者は『きねや足袋』

ランニングシューズは『無敵』。。。

 

もう、色めき立った夫は

その日のうちに、Amazonで注文しちゃいましたよ。

 

そして、朝注文したシューズは

プライム会員の夫の元へ、なんとその日のうちに。

 

f:id:pinkumaaa:20161120182025j:image

 

f:id:pinkumaaa:20161120182026j:image

そして今日、試走して参りましたよ。

黒づくめの夫の、走る姿は忍びの者。

ニンニン…。

 

 

夫曰く、

すっごい、いい!!!

 

山もこれで登りたいし

街もこれで歩きたいと。。。

 

そして、おまえも履けよ!

くノ一になれるぞ!と…。

 

 

う〜ん、ちょっと恥ずかしいかな…。

 

ぴんくまが履くかどうかは別として

夫は、昨年の初マラソンの

若潮マラソンで腰を痛めて以来

レースはぴんくまと一緒に

10kmしか走っていません。

 

今日は5kmほどしか走っていませんが

今後もしかすると、この「無敵」で

痛みなく走ることができたなら。。。

 

まあ、乞うご期待です!!!

 

「無敵」、評判も良いようですので

走りで痛みのある方

何か新たなことに挑戦してみたい方

そして、野生の走りに戻ってみたい方は

是非お試しください!!!

(注、きねや足袋さんのまわし者ではありません)

広告を非表示にする